■付表 正規分布表 normal distribution table - 【知と情報の科学】   中川雅央(滋賀大学)

 表計算ソフトの統計関数に対応した標準正規分布 N (0, 1) の数表です.この表の見方は,0.01 きざみで与えた z スコアを表の左と上の見出しから拾い,対応する下側確率 P (変動する値が z よりも小さい範囲に入る確率)を読み取ります. z スコアとは,対象とする値から平均値を引いたものを標準偏差で割った数値で,対象とする値と平均値との差が標準偏差の何倍に相当するのかを示すものです.
 確率 P は,積分計算すなわち -∞ < y < z の範囲における横軸と曲線 f ( y ) で囲まれた面積に相当します.この積分は解析的に求められないので,コンピュータの数値計算により算出します.
 全事象の確率(全面積)は P = 1.0 であり,標準正規分布は z = 0 を中心として左右対称という特徴を利用すれば,様々な範囲の確率を求めることができます. ( 参考: 正規分布とは
 主な表計算ソフトにおいて,この表と同様の役割をもつ関数は NORM.S.DIST です.この統計関数は引数に z を与えると,下側確率 P が出力されます.

eq.
(標準正規分布表 N (0, 1) standard normal distribution table )      z から下側確率 P を求める表
z
 ※ 数値は小数点以下桁目を四捨五入しています


[ 正規分布 (normal distribution) | 正規分布表 | 正規分布表 (高精度版) | 正規分布表 ( P から z を求める表) ]
[ t分布表 | χ²分布表 | F分布表 | 二項分布表 | ポアソン分布表 | 確率分布シミュレーション ]

[ 統計数値表 | さまざまな確率分布 | 確率・統計 | 教材・資料(情報教育用) | 情報科学・システム工学(中川雅央) HOME ]