Home >[TeX]
b %% [What's New]:TeX
- TeXとは、
- 全般
b Mac OS
b Windows
- News Group
- 掲示板
- Softwares
- TeX
b TeX etc. -- Part 1
 パッケージ
b TeX etc. -- Part 2
 入門・例題・お手本
 文献
b TeX etc. -- Part 3
 文字・記号数式
 その他
b TeX etc. -- Part 4
 クラスファイル
b TeX etc. -- Part 5
 Command Index
[パッケージについて]

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

A  Academicc Press  アカデミックプレス社のスタイルファイル。
 abraces.sty  括弧。
 abstract.sty  twocolumnでのone-column abstract
 accents.sty  アクセント記号で作成できないものを補う。
 acromake.sty  略語の取り扱い。
 adforn  Arkandis foundry's ornaments and symbols fonts
 adfsymbols  Arkandis foundry's ArrowsADF and BulletsADF fonts
 algorithm.sty  algorithmic.styfloat環境にする。
 algorithmic.sty  アルゴリズムの記述。
 alltt.sty  verbatim環境内でコマンドが使える。
 alphalph.sty  カウンタをAlphabetに変更(The `Oberdiek' package bundle)。
 alterqcm.sty  表形式の質問票。
 amscd.sty  可換図。
 amssymb.sty  American Mathematical Society Symbols
 amsthm.sty  定理環境の拡張。
 animate.sty  pdfファイル内にアニメーションを埋め込む。
 anyfontsize.sty  フォントの大きさの変更。
 arabicfront.sty  book.clsにおいてページ表記の変更。
 arev.sty  Arev Sans font。
 arcs.sty  上部、下部の円弧。
 array.sty  tabular環境の拡張。
 arydshln.sty  tabularの罫線を破線にする。
 ascmac.sty  アスキーによるパッケージ。tascmac.styと同じ。
 askinclude.sty  LaTeXで処理時にinclude文で指定されるファイルを選択する(The `Oberdiek' package bundle)。
 aurical.sty  calligraphic fonts。

B  balance.sty  twocolumnを指定したとき最終頁のバランスを取る。
 bar.sty  棒グラフ、3D棒グラフの作成。
 bbding.sty  bbdingシンボル。
 bbm.sty  数式環境におけるbbmフォントの利用。
 bbold.sty  geometric sans serif blackboard bold font。
 beamer.cls  スライドの作成。
 beletter.cls  手紙の書式。
 bicaption.sty  図・表に訳語の表題が付けられる(The `caption' package bundle)。
 bigdelim.sty  arraytabular環境の中でのカッコ。
 bigints.sty  大きな積分記号。
 bigtabular.sty  多段組内の表組み。
 binhex.sty  10進数の2進、4進、8進、16進数への変換。逆も。
 bm.sty  数式環境におけるボルド体の利用。
 boites.sty  本文の横に縦線を引く。
 BOONDOX  BOONDOXフォント
 booktabs.sty  表横罫の拡張
 boxedminipage.sty  minipageで作ったものを箱で囲う。
 braket.sty  Dirac括弧と集合のカッコ。

C  calculator.sty  計算。
 calligra.sty  花文字。
 calrsfs.sty  大文字の花文字。
 calxxxx.tex  カレンダーを作る。
 calxxxx-yyyy.tex  カレンダーを作る。
 cancel.sty  数式に斜め線、逆の斜め線、×の線、斜め矢印線(その先に項目)をを引く。
 caption.sty  図・表のキャプションを変更する(The `caption' package bundle)。
 cases.sty  場合分けのときの数式番号。
 ccaption.sty  図・表のキャプションを変更する。
 ccicons.sty  Creative Commonsicons
 censor.sty  検閲の黒塗り。
 ceo.sty  安田亨氏によるCenturyOldのフォント。
 changes.sty  追加、訂正、置換の記述。
 chappg.sty  ページの表示を”章−頁”、”章の名前−頁”にする。
 chapterbib.sty  各章毎に参考文献を入れる。
 chemarrow.sty  化学式の矢印。
 chemsym.sty  化学式を書く。
 circle.sty  \circより大きく、\Bigcircより小さな丸。
 cite.sty  引用の形を変える。
 cmbright.sty  Computer Modern Bright fonts.。
 color.sty  色を付ける。
 colortbl.sty  表に色を付ける。
 comicsans.sty  Comicsansフォント。
 comment.sty  複数行に渡る注釈。
 cookingsymbols.sty  11種類の料理記号。
 coordsys.sty  座標軸。
 CountriesOfEurope.sty  ヨーロッパ各国。
 coverpage.sty  上表紙。
 cprog.sty  C言語のプログラムの読み込む。
 csvsimple.sty  csvファイルの読み込み。

D  dashbox.sty  破線で囲む。
 dashrule.sty  文字の間を点線で結ぶ。
 dashundergaps.sty  下線、破線・点線による下線。下線部の表示/非表示。
 datatool.sty  一覧表、円グラフ、散布図、棒グラフ。
 datetime.sty  日付、時刻の書式変更。
 dblfnote.sty  脚注を二段組にする。
 dcolumn.sty  表組みで小数点やカンマで桁を揃える。
 dcpic.sty  図の作成。
 diagxy.tex  xypic.styのマクロ。
 dice  サイコロのフォント。
 dingbat.sty  A dingbat symbol font
 dirtree.sty  directoryを記述する。
 docmute.sty  他のTeXファイルの読み込み。
 DotArrow.sty  ドットの矢印。
 dotseqn.sty  数式と数式番号の間にドットを入れる。
 dropping.sty  段落の書き始めの文字を大きくする。
 dsfont.sty  Doublestroke Font

E  eclbip.sty  bipartite graphを作る。
 eclbkbox.sty  文章を囲む。
 eclclass.sty  ディレクトリ構造を作る。
 ecltree.sty  構文解析木を作る。
 eco.sty  ec-fonts with oldstylenums instead of regular digits
 empheq.sty  数式を強調(mh bundle)
 endfloat.sty  図・表を最後にまとめる。
 endnotes.sty  注釈を各項でなく、最後にまとめる。
 engord.sty  序数表示(The `Oberdiek' package bundle)。
 enumerate.sty  enumerate環境を増やす。箇条書き。
 enumitem.sty  item環境を増やす。箇条書き。
 epigraph.sty  題辞、標語。
 epsdice.sty  さいころの目。
 eqname.sty  数式番号を変える。
 eqnarray.sty  数式を揃える。
 esint.sty  積分記号(12種類)を作る。
 esvect.sty  Vectorの矢印。
 eukdate.sty  日付の書式変更。
 euler.sty  The AMS Euler family of fonts for math。
 eulervm.sty  euler.styvirtual fontを与える。
 exam.cls  試験問題用クラスファイル。
 example.sty  左に出力、右にテキスト。
 extarrows.sty  矢印記号。

F  faktor.sty  分数の表現。
 fancybox.sty  文章や式を囲む。
 fancyhdr.sty  ヘッダー、フッター、ページ数等の表示形式の変更。
 fancyvrb.sty  verbatimの拡張
 fax.cls  ファクシミリ用書式。
 fixmath.sty  ボルドイタリック体。
 float.sty  新しいフロート環境とその一覧の作成。図・表の位置の指定。
 floatflt.sty  図や表への文章の回り込み。
 flow.sty  フローチャートを描く。
 fnindent.sty  脚注の体裁を変更。
 fnpara.sty  脚注における改行をなしにする。
 fonttable.sty  フォントテーブルの作成。
 footmisc.sty  脚注の体裁を変更。
 formular.sty  空白欄、下線文の作成。
 fouridx.sty  \sidesetの拡張。左側の添え字。
 fourier.sty  Fourier-GUTenbergフォント。
 fouriernc.sty  数式にNC Schoolbookを用いる。
 framed.sty  文章を箱で囲う。垂直方向のリーダー罫。
 frcursive.sty  French Cursiveフォント。
 ftnright.sty  multicolumn等の環境で、脚注を右にまとめる。
 fullpage.sty  四方の余白を1インチまたは、1センチにする。

G  garamondx.sty  URW GaramondNo8フォント。
 gauss.sty  行列の基本変形。
 geometry.sty  頁のレイアウト。
 gnuplottex.sty  gnuplotのグラフを取り込む。
 gradientframe.sty  図や表にgradientをつける。

H  harmony.sty  和音、音符。
 harvard.sty  Harvard大学のスタイルファイル。
 here.sty  図・表を強制的に現在の位置に配置。
 hhline.sty  表の縦・横線を2重に。
 histogr.sty  ヒストグラムの作成。
 html.sty  文章内・外の相互参照やHTML文書をそのまま取り込む。
 hyperref.sty  ハイパーテキスト。

I  ifsym.sty  ifsym記号。
 inconsolata.sty  inconsolataフォント。"typewriter" font。
 indent.sty  左右のインデントの指定。
 indentfirst.sty  article.clsbook.clsにおいて最初の段落をインデントさせる。
 index.sty  複数個の索引作成。
 iwona.sty  iwonaフォント。

K  科学書のスタイルファイル  加藤文明社kagaku.cls
 kbordermatrix.sty  \bordermatrixの拡張。
 kerkis.sty  an extension of the Bookman Old Style fonts。
 keystroke.sty  KeyTopを作る。
 kurier.sty  kurier font。
 kpfonts.sty  The Kepler project package。

L  labelfig.sty  図に文章を重ね合わせる。
 labels.sty  タックシールに印刷する。
 lastbibsty  総参考文献数。
 lastpage.sty  総ページ数。
 layout.sty  紙面のレイアウトを示す。
 lcg.sty  乱数生成。
 leading.sty  行間隔を決める文字上部の余白の設定。
 leftidx.sty  \sidesetの拡張。左側の添え字。
 lengthconvert.sty  単位変換。
 lettrine.sty  段落の書き始めの文字を大きくする。
 libertine  libertineフォント。
 lineno.sty  文章に行番号を付ける。
 lipsum.sty  Lorem ipsumの生成。
 listings.sty  プログラミング言語、ソースリスト等の取り込み。
 listliketab.sty  表内にリスト構造。
 listofsymbols.sty  記号一覧。
 longdiv.sty  割り算を表示させるスタイルファイル。
 longtable.sty  次頁にまたがる作表。
 lscape.sty  図や表を回転させる。
 lxfonts.sty  スライド用フォント。

M  makecell.sty  表の要素の配置。
 makeidx.sty  索引の作成。
 manfnt.sty  manfntフォントの入力軽減。
 marginnote.sty  傍注、側注の拡張。
 marvosym.sty  marvosymフォント。
 mathabx.sty  mathabxフォント。
 mathbbol.sty  bbold fonts in mathematics。
 mathcomp.sty  mathcompフォント。
 mathdesign.sty  mathdesignフォント。
 mathdots.sty  ドット。
 mathpazo.sty  mathpazoフォント。
 mathrsfs.sty  mathrsfフォント。
 mathtools.sty  amsmathパッケージを拡張したもの(mh bundle)
 mbboard.sty  mbboardフォント。
 mcaption.sty  傍注、側注に図や表のキャプションを入れる。
 mdwlist.sty  箇条書きの途中に文章を入れたいとき。
 mflogo.sty  METAFONTMETAPOST
 midpage.sty  1頁の真ん中に表示。
 minipage-marginpar.sty  minipageに対する傍注、側注。
 minitoc.sty  各章ごとの目次や図・表目次を作成。
 mmasym.sty  Mathematica 3.0のフォントと記号。
 MnSymbol.sty  Math symbol font for Adobe MinionPro.
 moreverb.sty  verbatimの拡張。
 movie15.sty  動画、音声ファイルをpdfファイルに埋め込む。
 multicol.sty  段組み。
 multicolpar.sty  二段組をすることで、対訳などに利用する。n段組も可。
 multienum.sty  箇条書きで横に並べる。
 multirow.sty  表内の複数行に渡る項目の作成。行の結合。

N  nameref.sty  章名・節名の参照。
 natbib.sty  引用の形を変える。Natural Science Citations and References
 ncccropbox.sty  Crop Boxを作る。
 newpx  pxfontフォントの改良(newpxmath.sty and newpxtext.sty)。
 newtx  txfontフォントの改良(newtxmath.sty and newtxtext.sty)。
 newtxtt  ttフォントにtxfontフォントを利用。
 nicefrac.sty  Math Modeでない分数。
 niceframe.sty  文章を囲む。
 nidanfloat.sty  二段組で図や表を上部、下部に表示。
 nomencl.sty  専門用語、記号一覧を作る。
 nomentbl.sty  専門用語、記号一覧を作る。
 nonfloat.sty  図・表を強制的に現在の位置に配置。
 nruby.sty  ルビを付ける。ふりがな。
 ntheorem.sty  定理環境の拡張。定理環境の一覧。
 numname.sty  序数、数表記変更。数→テキスト。
 numprint.sty  数表記変更。

O  optional.sty  LaTeXで処理時にオプションを指定し、inputで指定されるファイルや出力を選択する。
 otf.sty  齋藤修三郎氏によるOTFパッケージ。
 othelloboard.sty  オセロの石と盤面。
 oubraces.sty  数式の上下にカッコを付ける。
 outline.sty  概要を書く。
 overcite.sty  引用記号を上付にする。
 overpic.sty  図に文字や図を重ね合わせる。

P  pageno.sty  頁番号の出力位置の変更。
 pagesel.sty  出力したいPageを選択する(The `Oberdiek' package bundle)。
 paracol.sty  二段組をすることで、対訳などに利用する。3段組以上も可。
 paralist.sty  itemizeenumerateを変更する。箇条書き。
 parallel.sty  二段組をすることで、対訳などに利用する。
 parskip.sty  Zero Parindent and non-zero Parskip
 pdfcolparallel.sty  color.styに対応したparallel.sty(The `Oberdiek' package bundle)。
 pdfdraftcopy.sty  透かし文字を入れる。
 photo.sty  写真の一覧。
 piano.sty  ピアノの鍵盤。
 pifont.sty  ZapfDingbatsのフォント
 polynom.sty  多項式の割り算、因数分解、最大公約。
 proba.sty  確率・統計記号。
 prodint.sty  products integralの記号。
 pxfonts.sty  pxfontフォント。
 pxgreeks.sty  pxfontフォントのギリシャ文字を変更。

Q  qrcode.sty  qrコードの作成・表示。
 quotchap.sty  章の表示変更。

R  recycle.sty  リサイクルマークのフォント。
 refcheck.sty  数式番号の相互参照、ラベルのあるなし、参考文献の相互参照、本文での引用のCheck。
 refract.sty  文章を囲む。
 relsize.sty  \relsize{n}を用いて、相対的に、それ以降のフォントの大きさを変える。記号を拡大する。
 remreset.sty  カウンタの親子関係の解消。
 rotating.sty  図や表を回転させる。
 rsfso.sty  rsfsフォント。

S  schedule.sty  スケジュールを作成。
 secdot.sty  節番号の後に”点”を付ける。
 seqsplit.sty  長い文字列をそのまま表示する。
 setspace.sty  改行幅を途中から変更する。
 sfmath.sty  文章内でsans serif mathsを用いる。
 shadbox.sty  文字列の網掛け。
 shadethm.sty  定理環境を色つき枠で囲む。
 shadow.sty  文字列を影の付いた箱で覆う。
 shadowtext.sty  影文字。
 shapepar.sty  文字列を形に流し込む。
 shellesc.sty  コマンドラインからの--shell-escapeを付けての処理をパッケージから行う。
 shortlst.sty  箇条書きを横にする。
 shorttoc.sty  目次とは異なる出力レベルをもつ別の目次の作成。
 showkeys.sty  参照しているKeyを表示する。
 sidecap.sty  図・表のキャプションを横に配置。
 SIstyle.sty  SIに基づく単位表示。
 SIunits.sty  SIに基づく単位表示。
 slashbox.sty  表内に斜線を引く。
 smallgrf.sty  picture環境の拡張。
 splitbib.sty  参考文献を分類。
 starfont.sty  starfont。
 statex.sty  統計記号。
 stmaryrd.sty  stmaryrdシンボル。
 subcaption.sty  並べた図・表に異なる見出しを付ける(The `caption' package bundle)。
 subeqnarray.sty  数式番号の表示を変更。
 subfig.sty  並べた図・表に異なる見出しを付ける。
 subfigmat.sty  図をmn列に配置する。
 subfigure.sty  並べた図・表に異なる見出しを付ける。
 subsupscripts.sty  四隅への添え字。
 sudoku.sty  数独。
 sudoku bundle  数独。問題作成、印刷、解答。

T  tablists.sty  箇条書きで横に並べる。
 tabls.sty  tabulararrayにおいて、改行幅を変更する。
 tabto.sty  tabの設定。
 tabularx.sty  tabularの横幅を設定。
 tasks.sty  水平方向へのリスト。
 tboxit.sty  吹き出し付きの2重線枠。
 texilikecover.sty  texinfoのような表紙。
 textcomp.sty  Text Companion fonts
 textgreek.sty  文章中でのギリシャ文字。
 textpos.sty  固定した場所に文章を入れる。
 theorem.sty  定理環境の拡張。
 thmbox.sty  定理環境の修飾。
 threeparttable.sty  表に脚注を組み込む。3parttable.sty
 titlefoot.sty  最初のPageに、Key WordsやAMS Subject classificationsを入れる。
 titlepic.sty  titlepageに図を挿入。
 titleref.sty  章名・節名の参照。
 titlesec.sty  章・節の書体、大きさ、位置等の変更。
 titletoc.sty  目次の書式変更。
 time.sty  時間を表示。
 tocbibind.sty  目次、表一覧、図一覧、参考文献を目次に入れる。
 tocloft.sty  tocの修飾、新しい``一覧”の作成。
 tocvsec2.sty  目次の出力レベルを途中で変更。
 txfonts.sty  txfontフォント。
 txgreeks.sty  txfontフォントのギリシャ文字を変更。

U  ulem.sty  下線、2重下線、波の下線、取り消し線。
 ulsy.sty  ulsy記号。
 underscore.sty  "_"の表示。
 umoline.sty  下線、中線、上線。
 umrand.sty  文章を囲む。
 units.sty  単位の表示。
 upgreek.sty  uprightのギリシャ文字。
 url.sty  urlをそのまま記述できる。

V  variations.sty  増減表作成とマクロ。
 vector.sty  ベクトル記述のマクロ。
 venn.sty  Venn図を書く。
 verbatim.sty  verbatimの拡張。
 verbatimbox.sty  図、表内のverbatim環境。
 version.sty  出力結果の選択。
 vruler.sty  余白に連続番号を入れる。
 vwcol.sty  段幅を指定した多段組。multicol.styの拡張。

W  wallpaper.sty  背景を入れる。
 wasysym.sty  wasyシンボル。
 windingbats.sty  Windows XPの記号フォントを利用する。
 winfonts.sty  Windows XPのフォントを利用する。
 wordlike.sty  Microsoft Wordのような設定。
 wrapfig.sty  図への文章の回り込み。

X  xargs.sty  ベクトル記述のマクロ。
 xcolor.sty  色を付ける。
 xhfill.sty  罫線の拡張。
 xr.sty  他のファイルの\labelを参照する。
 xspace.sty  コマンドの後の空白を調整。
 xypic.sty  図の作成。
 xytree.sty  xypic.styの構文木の拡張。

Y  yhmath.sty  カッコ、アクセント記号、根号。
 ytableau.sty  ヤング図形、ヤング盤。

Z  zwgetfdate.sty  styファイル等の日付表示。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

[パッケージについて]

What's NEW? * beos linux mac win WebBrowser
QT news Statistics tex * Contact Me *
My Home @ @