Home >[TeX] >[Package] >[theorem.sty] Version: 2014/10/28 v2.2c
theorem.styCTAN
[toolsのパッケージについて]

theorem.styなし。
  \newtheorem{theo}{定理}[section]
  \newtheorem{defi}{定義}[section]
  \newtheorem{lemm}{補題}[section]
theorem.gif
[上のソースファイル]

以下はtheorem.styあり。

\theoremstyle{}: プレアンブルに入れる。
\theoremstyle{plain} theorem.gif
\theoremstyle{break} theorem.gif
\theoremstyle{marginbreak} theorem.gif
\theoremstyle{change} theorem.gif
\theoremstyle{changebreak} theorem.gif
\theoremstyle{margin} theorem.gif

\theorembodyfont theorem環境内のフォント指定。
\theoremheaderfont theorem環境の見出しと番号のフォント指定。
\theorempreskipamount 本文からtheorem環境までの空き指定。
\theorempostkipamount theorem環境から本文までの空き指定。

\theorembodyfont{\normalfont}なし。 \theorembodyfont{\normalfont}を設定。
%% %%
[上のソースファイル] [上のソースファイル]

  \newtheorem{theo}{定理}
  \newtheorem{defi}{定義}
  \newtheorem{lemm}{補題}
定理環境に個々に番号付けがなされる。
theorem.gif
[上のソースファイル]

  \newtheorem{theo}{定理}
  \newtheorem{defi}[theo]{定義}
  \newtheorem{lemm}[theo]{補題}
定理環境が順に番号付けられる。
theorem.gif
[上のソースファイル]

  \newtheorem{theo}{定理}[section]
  \newtheorem{defi}[theo]{定義}
  \newtheorem{lemm}[theo]{補題}
定理環境が節番号を伴い番号付けられ、節ごとに番号はリセットされる。
theorem.gif
[上のソースファイル]

  \newtheorem{theo}{定理}[section]
  \newtheorem{defi}{定義}[section]
  \newtheorem{lemm}{補題}[section]
定理環境に個々に番号付けがなされ、節ごとに番号はリセットされる。
theorem.gif
[上のソースファイル]

  \theoremstyle{break}
  \newtheorem{theo}{定理}[section]
  \newtheorem{defi}{定義}[section]
  \newtheorem{lemm}{補題}[section]
\theoremstyle{break}により、定理環境名連番の後改行が入る。
theorem.gif
[上のソースファイル]

  \theoremstyle{margin}
  \newtheorem{theo}{定理}[section]
  \newtheorem{defi}{定義}[section]
  \newtheorem{lemm}{補題}[section]
\theoremstyle{margin}により、番号を左余白に入れる。
theorem.gif
[上のソースファイル]

  \theoremstyle{marginbreak}
  \newtheorem{theo}{定理}[section]
  \newtheorem{defi}{定義}[section]
  \newtheorem{lemm}{補題}[section]
\theoremstyle{marginbreak}により、番号、環境名の後改行を行う。
theorem.gif
[上のソースファイル]

  \theoremstyle{change}
  \newtheorem{theo}{定理}[section]
  \newtheorem{defi}{定義}[section]
  \newtheorem{lemm}{補題}[section]
\theoremstyle{change}により、番号、環境名と順を入れ替える。
theorem.gif
[上のソースファイル]

  \theoremstyle{changebreak}
  \newtheorem{theo}{定理}[section]
  \newtheorem{defi}{定義}[section]
  \newtheorem{lemm}{補題}[section]
\theoremstyle{changebreak}により、番号、環境名と順を入れ替え、改行を伴う。
theorem.gif
[上のソースファイル]

フォントの変更などについてはtheorem.dtxをご覧ください。
[toolsのパッケージについて]

shadethm.sty参照。
boites.sty参照。
定理の横に縦線参照。
thmbox.sty参照。
umrand.sty参照。
framed.sty参照。
ntheorem.sty参照。
amsthm.sty参照。

番号をアルファベットに変更。
%%
[上のソースファイル]

番号を.でなく、-を用いて表示。
%%
[上のソースファイル]

番号に文字を付け加える。
%%
[上のソースファイル]


@

To the TeX Page
TeX

@