Home >[TeX] >[その他] >[Maple]
Maple

1.
Maple Vを使う。K. M. Heal, M. L. Hansen and K. M. Richrd "Maple V : Learning Guide" (Springer)にMaple V Release 4 (Student版: MacとWindows版のHybrid)が付いています(この本の最新版にはCD-ROMは付いていませんでした)。
*
をxについて、2階、yについて、3階偏微分をしたいときは、Mapleで
*
とする事で、TeXのテキストファイルを作ってくれます。これを作っている文章にCopyすれば、数式の入力の手間が省けます。
Mapleは、作図もしてくれるので、
*

をLaTeX2εで出力します。
*
を選び、
*
とします(LaTeX2εとLaTeXが選択できます)。出力されたTeXのテキストファイルを見ると、Mapleのスタイルファイルが記述されているので、これをハードディスクの中から探し、Pathの通った所、または、同じDirectoryに保存しておきます。後は、LaTeXで処理して出来たdviファイルをPreviewerにかけると、
*
と出力されます(Student版についているmaple2.styは古いものでした。新しいものは、これです)。
Maple VとLaTeXについては、
UEC Education System/Home Page of Maple Group
LaTeXでグラフが正しく表示されない (maple_v.5.sty)/藤波 拓哉氏のHomePage
をご覧下さい。
Adobe Acrobatをインストールする事で、
*
と、配布できます。


@

To the TeX Page
TeX

@