Home >[TeX] >[Package] >[listings.sty] Version: 2015/06/04 1.6
listings.sty (download here)
[パッケージについて]

listings01.gif
[上のソースファイル]

listings01.gif
[上のソースファイル]

\lstsetのオプション
language= lstlisting環境内の言語の指定。参照
numbers=  行番号表示。デフォルト:none。他のオプション:leftright
stepnumber=  行番号増分。
numberstyle=  行番号の書体指定。
numbersep=  行番号と本文の間隔。デフォルト:10pt
breaklines=  行が長くなってしまった場合の改行。デフォルト:false。他のオプション:false
breakindent=  改行時インデント量。デフォルト:20pt
frame=  frameの指定。デフォルト:none。他のオプション:leftlinetoplinebottomlinelinessingleshadowbox
framesep=  frameまでの間隔
basicstyle=  書体の指定。
commentstyle=  注釈の書体。
keywordstyle=  キーワードの書体指定。
caption=  キャプションの指定。
label=  ラベルの指定。
詳しくは、listings.pdfをご覧下さい。

listings02.gif
[上のソースファイル]

listings11.gif
[上のソースファイル]

listings021.gif
[上のソースファイル]
listings021a.gif
[上のソースファイル]

日本語を含む場合は、jlistingを併用します。
listings03.gif
[上のソースファイル]

コメントをセンタリング。
listings03.gif
[上のソースファイル]

\renewcommand{\thelstnumber}{\arabic{lstnumber}:}
listings05.gif
[上のソースファイル]

行番号の開始行、再開。
listings03.gif
[上のソースファイル]

\lstinputlistingを用いる。
listings04.gif
[上のソースファイル] [jlisting04.C]

  • 上記のListingを「プログラム」変更するには、
      \renewcommand{\lstlistingname}{プログラム}
    
    をプレアンブルに入れます。
  • 相互参照するには、
      \begin{lstlisting}[caption=プログラム,label=1st]{}
    
    とlabelを使います。
  • listings環境にしたものを一覧にするには、
      \lstlistoflistings
    
    をプレアンブルに入れます。この際の表示はListingsで、「プログラム一覧」変更するには、
      \renewcommand{\lstlistlistingname}{プログラム一覧}
    
    をプレアンブルに入れます。
listing03.gif
[上のソースファイル]

listings04.gif
[上のソースファイル]

listings05.gif
[上のソースファイル]

floatflt.styとの組み合わせ。
listings06.gif
[上のソースファイル]

framed.stytextpos.styを伴う。
textpos.sty.gif
[上のソースファイル]

listings08.gif
[上のソースファイル]
framed.sty参照。

normal01.gif
[上のソースファイル]

morekeywordsを用いて、予約語以外の言葉を別の色にする。
listings13.gif
[上のソースファイル]
ライブラリHSAUR2参照。
ライブラリxtable参照。

color.stymulticol.styとの組み合わせ。
listings07.gif
[上のソースファイル]

listings12.gif
[上のソースファイル]

listings09.gif
[上のソースファイル]

listings.sty 2014/03/04 Version 1.5cでサポートしているプログラミング言語は以下のものです。
ABAP (R/2 4.3, R/2 5.0, R/3 3.1, R/3 4.6C, R/3 6.10), ACM, ACMscript, ACSL, Ada (2005, 83, 95), Algol (60, 68), Ant, Assembler (Motorola68k, x86masm), Awk (gnu, POSIX), bash, Basic (Visual), C (ANSI, Handel, Objective, Sharp), C++ (ANSI, GNU, ISO, Visual) Caml (light, Objective), CIL, Clean, Cobol (1974, 1985, ibm), Comal 80, command.com (WinXP), Comsol, csh, Delphi, Eiffel, Elan, erlang, Euphoria, Fortran (03, 08, 77, 90, 95), GAP, GCL, Gnuplot, hansl, Haskell, HTML, IDL (empty, CORBA), inform, Java (empty, AspectJ), JVMIS, ksh, Lingo, Lisp (empty, Auto), LLVM, Logo, Lua (5.0, 5.1, 5.2), make (empty, gnu), Mathematica (1.0, 3.0, 5.2), Matlab, Mercury, MetaPost, Miranda, Mizar, ML, Modula-2, MuPAD, NASTRAN, Oberon-2, OCL (decorative, OMG), Octave, Oz, Pascal (Borland6, Standard, XSC), Perl, PHP, PL/I, Plasm, PostScript, POV, Prolog, Promela, PSTricks, Python, R, Reduce, Rexx, RSL, Ruby, S (empty, PLUS), SAS, Scilab, sh, SHELXL, Simula (67, CII, DEC, IBM), SPARQL, SQL, tcl (empty, tk), TeX (AlLaTeX, common, LaTeX, plain, primitive), VBScript, Verilog, VHDL (empty, AMS), VRML (97), XML, XSLT
詳しくは、listings.pdfをご覧下さい。
[パッケージについて]

grind nice program listings using LaTeX. For Win95というソフトも有ります。

cprog.sty参照。
fancyvrb.sty参照。
moreverb.sty参照。
boites.sty参照。
パスを伴ったファイルを記述したいときは、url.styが利用 できます。
lineno.styを利用しても行番号を付けられます。
inconsolata.sty参照。
verbatim環境参照。
seqsplit.sty参照。
float.sty参照。
乙部さんのbtt.sty参照。
verbatimbox.sty参照。
vruler.sty参照。

alltt.stycolor.styを伴う。
@
[上のソースファイル]

一行おきに色違い。fancyvrb.styxcolor.styを伴う。
fancyvrb.gif
[上のソースファイル]


@

To the TeX Page
TeX

@