Home >[TeX] >[Package] >[framed.sty] Version: 2011/10/22 v.0.96
framed.sty (download here)
[パッケージについて]

次の頁に枠が続くとき、閉じた枠で始まる。
  \begin{framed}
  ...
  \end{framed}
framed1.gif
[上のソースファイル]

次の頁に枠が続くとき、開いた枠で始まる。
  \begin{oframed}
  ...
  \end{oframed}
framed1.gif
[上のソースファイル]

色も付けることが出来ます。
  \begin{shaded}
  ...
  \end{shaded}
framed01.gif
[上のソースファイル]

  \begin{snugshade}
  ...
  \end{snugshade}
framed07.gif
[上のソースファイル]

framed06.gif
[上のソースファイル]

ntheorem.styを用いて、定理環境を囲む。
theorem.gif
[上のソースファイル]

framed.sty\begin{oframed}を伴い囲む。
theorem.gif
[上のソースファイル]

  \newenvironment{shadedf}{%
    \def\FrameCommand{\fcolorbox{black}{shadecolor}}%
    \MakeFramed {\advance\hsize-\width \FrameRestore}%
    }%
  {\endMakeFramed}

  \begin{document}

  \definecolor{shadecolor}{gray}{0.80}
  \begin{shadedf}
  ...
  \end{shadedf}
framed03.gif
[上のソースファイル]

  \newenvironment{mybg}{%
     \def\FrameCommand##1{\fboxsep4pt
       \colorbox{cyan}{##1}}%
     \MakeFramed {\FrameRestore}}%
    {\endMakeFramed} 

  \begin{document}

  \begin{mybg}
  ...
  \end{mybg}
framed04.jpg
[上のソースファイル]

framed05.jpg
[上のソースファイル]

framed24.jpg
framed24.jpg
[上のソースファイル]

左に線を引く。
  \begin{leftbar}
  ...
  \end{leftbar}
framed02.gif
[上のソースファイル]

線を細くして定理環境の左に線を引く。
framed021.gif
[上のソースファイル]

framed022.gif
[上のソースファイル]

framed08.gif
[上のソースファイル]

framed09.gif
[上のソースファイル]

図を入れ、verbatim環境を囲む。
framed023.gif
[上のソースファイル]
上のものをeclbkbox.styでおこなったもの。
framed023.gif
[上のソースファイル]

Version 0.8aを用いると、quoteで囲んだものを囲めます。
framed022a.gif
[上のソースファイル]

listings.stytextpos.styを伴う。
textpos.sty.gif
[上のソースファイル]
詳しくは、framed.pdfファイルをご覧ください。
[パッケージについて]

次の頁の箱の始まりが閉じていないときは、eclbkbox.sty
\fbox参照。
\frame参照。
ascmac.sty参照。
boites.sty参照。
color.sty参照。
定理の横に縦線参照。
boxedminipage.sty参照。
dashbox.sty参照。
数式を強調したとき、empheq.sty参照。
fancybox.sty参照。
fancyvrb.sty参照。
listings.sty参照。
niceframe.sty参照。
refract.sty参照。
shadbox.sty参照。
tboxit.sty参照。
数式を囲む参照。
定理環境を囲むのはshadethm.sty参照。
thmbox.sty参照。
umrand.sty参照。
次のページに続くときや角が四角のときは、
emathitembkbx.styitembbox.sty

multicol.styframed.sty
%%
[上のソースファイル]

multicol.styboites.sty
%%
[上のソースファイル]

multicol.styeclbkbox.sty
%%
[上のソースファイル]


@

To the TeX Page
TeX

@