Home >[TeX] >[数式] >[数式番号に節番号を付加]
式番号に節番号を付加

* 数式番号に節番号を付加。
  \makeatletter
    \renewcommand{\theequation}{%
    \thesection.\arabic{equation}}
    \@addtoreset{equation}{section}
  \makeatother
* 数式を(章-節-節毎の番号)に変更。
  \makeatletter
  \renewcommand{\theequation}{\arabic{chapter}-\arabic{section}-\arabic{equation}}
  \@addtoreset{equation}{section}
  \makeatother

(j)articleの場合
Preambleに入れない
@
Preambleに入れた
@
subsectionを含める。
@
[上のソースファイル]

(j)bookの場合
Preambleに入れない(第1章第1節の最初の式)
@
Preambleに入れた(第1章第1節の最初の式)
@

j(s)article
@@
[上のソースファイル]

j(s)book
@@
[上のソースファイル]

  \newcommand{\Tabref}[1]{表~\ref{#1}}
  \newcommand{\Equref}[1]{式~(\ref{#1})}
  \newcommand{\Figref}[1]{図~\ref{#1}}
をプレアンブルに入れておくと、\tabref\Equref\Figrefが利用できます。
@
[上のソースファイル]

式番号を章を通して連番にするには、remreset.sty参照。
式番号参照。
式番号を[ ]で参照。
式番号を修飾参照。
mathtools.sty参照。
\renewcommand参照。


@

To the TeX Page
TeX

@