Home >[TeX] >[Package] >[beamer.cls] Version: 2017/11/10 v.3.44
beamer.cls (rivanvx / beamer / wiki / Home / Bitbucket, download here)
[パッケージについて]

日本語を扱うことを前提として\documentclass[dvipdfmx]{beamer}というオプションのみを扱う。このときの処理は次のようになります。
  platex foo
  platex foo
  dvipdfmx foo.dvi

以下のひな形を考える。
  \documentclass[dvipdfmx]{beamer}
  %\documentclass[dvipdfmx,handout:1]{beamer}       % option参照。
  %\documentclass[dvipdfmx,notes=only]{beamer}      % option参照。
  %\documentclass[dvipdfmx,mathserif,serif]{beamer} % option参照。
  %%%%%%%%%%%%%%%% デザインの選択(省略可)
  \usetheme{default}         % \usetheme参照。
  %%%%%%%%%%%%%%%% カラーテーマの選択(省略可)
  \usecolortheme{default}    % \usecolortheme参照。
  %%%%%%%%%%%%%%%% フォントテーマの選択(省略可)
  \usefonttheme{default}     % \usefonttheme参照。
  %%%%%%%%%%%%%%%% フレーム内のテーマの選択(省略可)
  \useinnertheme{default}    % \useinnertheme参照。
  %%%%%%%%%%%%%%%% フレーム外側のテーマの選択(省略可)
  \useoutertheme{default}    % \useoutertheme参照。
  % 以下の2行はしおりの文字化け解消(hyperref.sty参照)。
  \usepackage{atbegshi}
  \AtBeginShipoutFirst{\special{pdf:tounicode 90ms-RKSJ-UCS2}}
  \logo{kuma}                % 省略可
  \setbeamertemplate{some beamer element}[square] % ナビゲーションバー
  % \setbeamertemplate{navigation symbols}{}      % ナビゲーションバー非表示
  \title[Short title]{タイトル}   
  \subtitle{副題}            % 省略可
  \author[著者略称]{氏名}
  \institute[所属略称]{所属}
  \date{日付}
  
  \begin{document}
  \begin{frame}
  \titlepage
  \end{frame}
  \section{節}
  \subsection{小節}
  \begin{frame}
    \frametitle{1枚目のスライドのタイトル}
    abcdefghijklmnopqrstuvwxyz\\
    ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
      \begin{equation*}
        a=b^2
      \end{equation*}
  \end{frame}
  \section{箇条書き}
  \begin{frame}
  \frametitle{箇条書き}
  \begin{itemize}
  \item あ
  \item いいい
  \item うううううう
  \end{itemize}
  \end{frame}
  \section{画像}
  \begin{frame}
    \frametitle{画像の取り込み}
  \begin{center}
  \includegraphics[height=3cm,keepaspectratio,clip]{tiger.eps}
  \end{center}
  \end{frame}
  \end{document}
[上のソースファイル] [上のpdfファイル] [logファイル]

optionbeamerのオプション
 handout 印刷、アニメーションの停止。例えば、\only<1| handout:1>として、表示させたいものを選択できる。
 notes=only \note{}の内容のみ表示。
 mathserif 数式のフォントをmathserifにする。

\usetheme:テーマの選択テーマ一覧pdf
画像 default boxes Bergen Boadilla
 TeXファイル  default boxes Bergen Boadilla
画像 Madrid Annarbor CambridgeUS Eastlansing
 TeXファイル  Madrid Annarbor CambridgeUS Eastlansing
画像 Pittsburgh Rochester Antibes Juanlespins
 TeXファイル  Pittsburgh Rochester Antibes Juanlespins
画像 Montpellier Berkeley Paloalto Goettingen
 TeXファイル  Montpellier Berkeley Paloalto Goettingen
画像 Marburg Hannover Berlin Ilmenau
 TeXファイル  Marburg Hannover Berlin Ilmenau
画像 Dresden Darmstadt Frankfurt Singapore
 TeXファイル  Dresden Darmstadt Frankfurt Singapore
画像 Szeged Copenhagen Luebeck Malmoe
 TeXファイル  Szeged Copenhagen Luebeck Malmoe
画像 Warsaw
 TeXファイル  Warsaw

.sty:テーマの選択テーマ一覧pdf
画像 beamerthemebars.sty beamerthemeclassic.sty beamerthemelined.sty themeshadow.sty
 TeXファイル  beamerthemebars.sty beamerthemeclassic.sty beamerthemelined.sty beamerthemeshadow.sty
画像 beamerthemesidebar.sty beamerthemesplit.sty beamerthemetree.sty
 TeXファイル  beamerthemesidebar.sty beamerthemesplit.sty beamerthemetree.sty

\usecolortheme:色のテーマ色のテーマ一覧pdf
画像 default structure sidebartab albatross
 TeXファイル  default structure sidebartab albatross
画像 beetle crane dove fly
 TeXファイル  beetle crane dove fly
画像 monarca seagull wolverine beaver
 TeXファイル  monarca seagull wolverine beaver
画像 spruce lily orchid rose
 TeXファイル  spruce lily orchid rose
画像 whale seahorse dolphin
 TeXファイル  whale seahorse dolphin

\usefonttheme:フォントのテーマフォントのテーマ一覧pdf
画像 default professionalfonts serif structurebold
 TeXファイル  default professionalfonts serif structurebold
画像 structureitalicserif structuresmallcapsserif
 TeXファイル  structureitalicserif structuresmallcapsserif
\renewcommand\mathfamilydefault{\rmdefault}を利用。
画像
 TeXファイル 

\useinnertheme:フレーム内のテーマフレーム内のテーマ一覧pdf
画像 default circles rectangles rounded
 TeXファイル  default circles rectangles rounded
画像 inmargin
 TeXファイル  inmargin

\useoutertheme:フレーム外のテーマフレーム外のテーマ一覧pdf
画像 default infolines miniframes smoothbars
 TeXファイル  default infolines miniframes smoothbars
画像 sidebar split shadow tree
 TeXファイル  sidebar split shadow tree
画像 smoothtree
 TeXファイル  smoothtree
詳しくは、beameruserguide.pdfをご覧ください。

タイトル
\tableofcontents[pausesections]:順に表示させる。
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]

箇条書き
\pause:順に表示させる。
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]
特定項目を常に表示、強調、他の項目を順に表示させる。
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]
\setbeamercovered{dynamic}を入れて、ハイライトさせる。
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]

ブロック
強調(テーマに依存)
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]

二段組
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]

定理環境:デフォルト
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]
定理環境:連番\setbeamertemplate{theorems}[numbered]
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]
定理環境\setbeamertemplate{theorems}[ams style]
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]
定理環境TheoremDefinitionLemma等を独立に連番
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]
定理環境TheoremDefinitionLemma等を独立に連番(日本語版)
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]

証明:次のスライドに渡る。
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]
証明:次のスライドに渡る。
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]
証明:次のスライドに渡る。
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]

参考文献
 $TEXMF/tex/latex/beamer/art内のbeamericonarticle.20.pdfbeamericonarticle.pdfbeamericonbook.20.pdfbeamericonbook.pdfbeamericononline.20.pdfbeamericononline.pdfに対して、コマンドプロンプトから
  ebb beamericonarticle.20.pdf
  ebb beamericonarticle.pdf
  ebb beamericonbook.20.pdf
  ebb beamericonbook.pdf
  ebb beamericononline.20.pdf
  ebb beamericononline.pdf
として、bbファイルを作成し、同じフォルダに入れておく。必要なら、mktexlsrを実行しておく([パッケージについて]参照)。
2013/10/02のbeamericonarticle.20.bbファイルbeamericonarticle.bbファイルbeamericonbook.20.bbファイルbeamericonbook.bbファイルbeamericononline.20.bbファイルbeamericononline.bbファイル
2013/10/02のbeamericonarticle.20.xbbファイルbeamericonarticle.xbbファイルbeamericonbook.20.xbbファイルbeamericonbook.xbbファイルbeamericononline.20.xbbファイルbeamericononline.xbbファイル
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]
参考文献が次ページに渡ってもいいように、\begin{frame}[allowframebreaks]{References}としています。
 数字で参考文献を表したいときは、
  \beamertemplatetextbibitems
を入れます。
%%
[上のソースファイル][上のpdfファイル]

*     *
* beamer000.tex, beamer000.pdf * beamer00a.tex, beamer00a.pdf


MacOS:TeXShopを利用しているとき、dviファイルが必要ないときは、ターミナルから、
  defaults write TeXShop OtherTrashExtensions -array-add “dvi”
を実行しておくことで、TeXShopのコンソールの”作業ファイルを削除する”をクリックすると、dviファイルが削除されます。同様に、ターミナルから、
  defaults write TeXShop OtherTrashExtensions -array-add “snm”
を実行しておくことで、TeXShopのコンソールの”作業ファイルを削除する”をクリックすると、snmファイルが削除されます。
  defaults write TeXShop OtherTrashExtensions -array-add “nav”
も有益です。


@

To the TeX Page
TeX

@