【2016/6/13 経済学部講演会の模様】

Web Application Teaching Tools for Statistics Using R and Shiny

Jimmy Doi(カリフォルニア州立工科大学教授)

 "Web Application Teaching Tools for Statistics Using R and Shiny"というテーマで、 カリフォルニア州立工科大学教授Jimmy Doi氏の講演会が、経済学部とデータサイエンス教育研究センターの共催で開催された。

 来年度にはデータサイエンス学部の開設が予定されている。本講演では、新学部で研究・教育に用いられる統計解析・ 人工知能向けプログラミング言語RとそのWEBアプリ開発ツールShinyの紹介が行われた。 またカリフォルニア州立工科大学での統計学やコンピュータ科学のカリキュラムの説明もあった。

 RやShinyのアプリケーションは、ビッグデータやICTのさまざまな分野で新しい価値を生み出していくことが期待されている。 Doi氏の所属するカリフォルニア州立工科大学では、既に18種類のShinyアプリケーションが公開されている。 各アプリケーションは多様なトピックに対応し、広い応用範囲を持っている。Doi氏の開発経験を踏まえて、 アプリケーションに関する課題を検証し、フィードバックするといったケーススタディについて紹介があった。 またShinyのアプリを開発する上での実現可能性、Linuxベースのサーバへのインストール・デプロイ方法などの説明があった。


 今後、データサイエンス学部では講演会やシンポジウムを予定しています。 順次、データサイエンス学部のホームページ https://www.ds.shiga-u.ac.jp/でお知らせします。