【2014/3/13 経済学部講演会の模様】

ミャンマーにおけるグローバル下の開発と人材育成
(笹川平和財団助成事業報告会)

ZAW MOE WIN
(ミャンマー人事院人事院中央研究所副所長)
KHIN MAR AYE
(ミャンマー国家計画経済開発省開発局部長)
THIDA KYU
(ヤンゴン経済大学経済学科長・教授)

 本講演会は、滋賀大学が取り組む「ミャンマー国際人材育成調査事業」を紹介するとともに、 その成果を広く社会に還元することを目的として開催しました。ミャンマーの開発・人材育成の 最前線でご活躍中の講師による講演、という構成で行いました。講師には、ミャンマー連邦共和国 より次の3氏を招請し、ミャンマーにおける公共部門の人材育成政策や経済開発の課題について講演を いただきました。

講演1
Zaw Moe Win氏,"Myanmar's Policies on Human Resource Development" (Pro-Rector, Central Institute of Civil Service, Union Civil Service Board)
 同氏は、ミャンマーにおいて公共部門の人材育成を担う人事院中央研究所の副所長で、これまで数多 くの国際機関との協力による公共部門人材のキャパシティ・ビルディングのための研修に携わってこら れた。その経験に基づき、ミャンマーにおける人材育成のための体制の現状と政策に関して講演して いただいた。

講演2
Khin Mar Aye氏, "Development Policies of Myanmar" (Director, Planning Department, Ministry of national Planning and Economic Development)
 同氏は、ミャンマーにおける経済開発計画・政策全般を統括する国家計画経済開発省計画局で、開発 政策策定・運営の実務レベルの責任者のお一人で、現在のミャンマー政府の開発政策の戦略的重点目 標とその具体化のための政策についてご講演いただいた。ミャンマー政府の政策において「包括的 発展」という概念が重視され、開発過程において、地域や民族グループ間での格差を拡大させない ことを重視していることは興味深い点であった。

講演3
Thida Kyu教授, "Myanmar Economy and Issues" (Head, Department of Economics, Yangon Institute of Economics)
 同氏は、ミャンマーにおいて第一の経済系大学であるヤンゴン経済大学において経済学科長をつとめ られている。講演では、ミャンマーの経済状況が、日本では入手しがたいものも含む統計データを活 用しながら詳細に報告され課題が述べられた。ミャンマー経済の現状を知る上で大変有意義な講演と なった。

 講演会には、経済開発の加速期を迎えようとするミャンマーへの関心の高さから、地元企業、 経済団体などより多数の参加をいただき、滋賀大学の取組みについても広く普及するよい機会 となりました。 (文責 小倉明浩)