【2009/11/28 経済学部講演会の模様】

資本コストを用いた会計研究の潮流

村宮克彦(神戸大学経済経営研究所講師)

 株式資本コストを推定する上で、会計情報がどのような役割を担い、 その推定に役立てられるのか。また、株式の資本コストは、企業の公表する会計情報の 量や質、あるいは企業がおかれている情報環境によってどのように左右されるのだろうか。 本報告の基本的な問題意識はここにある。
 今回の講演会では、The Journal of Finance誌(2004年)に掲載された David Easley and Maureen O'Haraの論文"Information and the Cost of Capital"を 議論の出発点として、会計領域で行われた資本コストを用いた研究の紹介、および将来 の研究課題に関する提言が行われた。議論をおおまかに区分すれば(1)資本コストを 用いた会計研究の理論的枠組み、(2)資本コストの推定方法、(3)資本コストと会 計ディスクロージャーとのかかわりという、3つの大きなテーマについて順を追って報告 がなされ、フロアの参加者からも随時意見が飛び交った。
 第1のテーマである資本コストを用いた会計研究の理論的枠組みについては、前述の Easley and O'Hara (2004)の論文を中心に理論的、実証的な議論が紹介された。第2の テーマ、資本コストの推定方法については、主に会計数値を用いて株式の資本コストを いかに推定するか、という実践的な方法について議論を行った。具体的にはアナリスト の配当予想や成長性予想などを用いたDDM(Dividends Discount Model)や残余利益概念 を用いたRIM(Residual Income Model)、異常利益変化額をモデルに組み込んだAEG (Abnormal Earnings Growth)モデルなど多様な手法が紹介され、その優劣について多 面的に議論を行った。また、会計学領域で提唱されている資本コスト概念である Implied Cost of Equity Capital(暗黙的に市場が仮定している株主資本コスト)につ いて、ファイナンス領域との相違についてフロアから質問や議論が交わされるなど非常に 有意義な場であった。
 最後に第3のテーマである資本コストと会計ディスクロージャーの関連性については、 近年の会計制度や内部統制のあり方やその変更が資本コストにどのような影響をもたら すかという実証的かつ実践的なテーマであった。まず、会計ディスクロージャーとの関 係として、企業の意思によって公表される情報の量や質の程度と資本コストとの関連性に 着目した研究や、企業の意思とは関係なく、新たな法制度の導入や会計制度の変更(特に、 米国におけるRegulation FDやIFRS、SOX法などの導入)による資本コストへの影響の有無を 実証的に検証した国内外の研究の成果が報告された。会計ディスクロージャー水準の向上が 特定の条件下において資本コストの低下に繋がることが明らかにされてきたことは、自発的 なディスクロージャーが互酬行為であり、自発的なディスクロージャーを積極的に推進する ためのインセンティブとなりうるといった指摘や、今後わが国でも導入が予定されている IFRSの影響などについて非常に示唆に富む内容であった。
 今回の講演会では、資本コストをいかに正確に推定するかという学術的問題からはじまり、 最後には非常に実践的なテーマまで幅広い内容を扱っており、フロアの参加者は教員、大学 院生をあわせて4名と小規模ではあったものの、ファイナンス、財務会計、管理会計といった 多様な学問領域から意見が飛び交い、非常に実のある討論が行われた。                 (大浦啓輔)