メモ: 論題平成19年度夏季休暇学生懸賞論文募集

 

 


T 日本の金融

@国際金融市場における日本の金融機関、A日本における金融教育、

B日本企業の社会的責任と企業投資家、C日銀の金融政策の現状と展望

U 会計の現在

@資本−利益−負債、A企業価値論、BM&Aの財務分析、Cアメーバ経営と管理会計

V 経営の現在

@中小企業と人材育成、A少子化と日本企業の雇用システム、

B競争力の向上と環境経営、Cリーダーシップと企業家

W モラルの現在

@モンスター・ペアレント、AWebのなかの世界、B教員と学生とキャンパス・ライフ

X 現代の戦争と紛争

@沖縄戦と教科書、A盧溝橋事(日中戦争70年、B中東情勢

Y 現代日本の政治改革

@新教育3法、A消費税、B年金問題、C憲法と国民投票法

Z 現代に到る思想

@マックス・ウェーバー、Aジョン・M・ケインズ、Bベネディクト・アンダーソン

[ 現在の政治

@ブレア−ブッシュ−安倍、A国家と政府、B議会制民主主義とマスメディア

 

メモ: 賞

 

 

 


1席・・・賞状と副賞 金10万円   2席・・・賞状と副賞 金5万円

3席・・・賞状と副賞  3万円   佳作・・・賞状と副賞 金1万円

 

※賞にもれた人にも記念(図書カードがあります。

一人何編でも応募できますが賞は上位の一編のみ。

メモ: 応募資格

 

 

 


経済学部生・院生・研究生・学部卒業生・院修了生

メモ: 応募規定

 

 

           

1. 論題は、上記8項目のなかにある論点やテーマから1つを選ぶか、または、それらを参考に

したうえで自分で設定すること。

2. 枚数は、原稿用紙の場合、400字詰め50枚程度。

ワープロの場合、和文35字×28行、英文70字×28行、各20ページ程度。

3. 論題のはじめに1,200字以内の要約文をつけること。

4. 表紙に、題・名・学籍番号または卒業年度、在学生の合は習の指導教員名を明記すること。

5. 提出論文は、未発表論文に限る。

 

メモ: 締切メモ: 発表

 

 

平成19年9月28(金午後5時                12月初旬の予定

※審査は学部生レベルクラスと

大学院生レベルクラスにわけて行います

メモ: 提出先

 

  

経済経営研究所 TEL.0749-27-1047   E-MAIL ebr@biwako.shiga-u.ac.jp

 

滋賀大学経済学部