平成15年度 夏季休暇学生懸賞論文 結果発表
授賞論文

 

 

3席

EM2101 Anupam Saha

              "Aid Policy and Governance in search of Economic Growth:  

Applicability in Developing Gountries"

3席

BM2217 山路崇正

             「経営コンサルティング・ファームにおける知識創造」 

佳作

EM3118 元川美雪

             「地域におけるコミュニティ活動のあり方

             ―阪神・淡路大震災から分権社会へ向けて―」 

佳作

BM2212 陳 玉領

             「知識経済について ―知識経済の理論構造とその影響を中心に−」

佳作

BM2222 若林正秋

             「修士課程における組織調査方法論の修得」

佳作

GM2310 吉田浩平

             「価格差別化のサービス商品への適用方法」

佳作

1986年3月卒業 筆保光夫

             「どうしてリストラは必要か−民間企業と自治体におけるマネージメントの比較」

佳作

01081 矢野里枝

             「グローバリゼイションとナショナリズム−IMF前後の韓国経済をみて−」

佳作

01361 大西茂

             「パソコン商品に対する消費者の価値変遷について」

佳作

01507  伊藤恵理子 01601 飛永勝也 01604  中澤慎也01621  森瑛美

             「地上波デジタル放送は浸透するのか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成1512               
滋賀大学経済学部