トップページ → 彦根論叢 オンラインジャーナル
 
 Online Journal 

『彦根論叢』電子版  (416号〜419号)
       

彦根論叢 第419号(2019年2月・春号) (2019年2月28日)
  論文名
  著者名

特集「リスク学の社会実装にむけて」
の刊行にあたって

久保 英也

日本企業のレジリエンスを探る
富士通、日立のケース分析を通じて

上野 雄史

北朝鮮における経済開発戦略と国際開発援助
開発資金調達と国際機構の役割

金  秉基

On the Economics of Risk and Uncertainty
A Historical Perspective

Yasuhiro Sakai

生物多様性と環境経済評価
リスクと保険の観点から

田島 正士

戦時期のインフレリスクと国債消化政策

深見 泰孝

流域環境保全施策への環境リスクファイナンスの社会実装を考える
愛知川流域の生態系と土砂環境改善シナリオを事例として

水野 敏明
リスクマネジメントと企業価値に関する理論的考察と現実的妥当性
(非公開)
山ア 尚志
<研究ノート>
企業のリスクマネジメント及び存続にかんする準備的研究
老舗江州企業(上野久太郎家、宇野彦左衛門家、
宇野喜平家、森伝蔵家)を事例に
(非公開)
曽根 秀一

<研究ノート>
関西広域連合における水害リスクファイナンスの概略設計
検討経過報告

瀧 健太郎
久保 英也
<研究ノート>
巨大・特殊リスクのリスク移転
(非公開)
野口 清司

社会主義・共産主義的世界観の特質と問題点
剰余価値学説と唯物史観の批判的検討(2)

筒井 正夫

明治・大正期滋賀県の出移民が向かった場所とその目的

坂野 鉄也

イギリスの経済団体と国際的二重課税問題(2)
1919年から1945年のFederation of British Industriesと
Association of British Chambers of Commerceの政治的活動を
事例として

井澤  龍
<書評>
筒井正夫 著『巨大企業と地域社会 富士紡績会社と静岡県小山町』
日本経済評論社 2016年
(非公開)
柴田 淳郎

<リレー・エッセイ「私の教育実践」>
私の教育実践
コア科目「統計学A・B」における教育方法の変遷

大M  巖
新刊紹介
(非公開)
学内研究消息  

久保英也教授 略歴と業績

彦根論叢 第416号〜第419号総目次(平成30年度)

 
  編集後記
  著者名
『彦根論叢』の言葉
(非公開)
三ツ石郁夫

彦根論叢 第418号(2018年12月・冬号) (2018年12月28日)
  論文名
  著者名

社会主義・共産主義的世界観の特質と問題点
剰余価値学説と唯物史観の批判的検討(1)

筒井 正夫

授業評価アンケートについての一考察(2)
影響する要因

谷上 亜紀

環境業績の測定尺度についての一考察
環境汚染物質の排出量に着目して

北田 真紀

中部山岳横断を標榜した“山林軌道”の飛躍
金名鉄道の個人起業者・小堀定信の野望の軌跡

小川  功

第二次大戦後におけるジョン・デューイの平和思想

小西 中和
地域自治組織とまちづくり(上)
(非公開)
荒井 壽夫
<研究ノート>
アルフレッド・パーソンズが記録した明治中期の彦根近郊の農事風景
(非公開)
金子 孝吉

<研究ノート>
ローザンヌ大学ワルラス文庫所蔵
ジェヴォンズ『経済学の理論』三つの版(1871, 1879, 1909)
をめぐって

御崎 加代子

<研究ノート>
不利な契約に関するIAS第37号の部分改訂プロジェクト
不可避的に生じる原価(契約の履行に要する原価)の解釈

赤塚 尚之

<資料紹介>
国立療養所大島青松園史跡めぐりと史料(4完)

阿部 安成
<リレー・エッセイ「私の教育実践」>
ゼミナール(専門演習)活動を通じたグローバル人材育成
(非公開)
宮西 賢次

新刊紹介

学内研究消息  
彦根論叢 第417号(2018年9月・秋号) (2018年9月28日)
  論文名
  著者名

社員満足を追求する経営
「おもてなし経営企業選」受賞企業の比較事例分析

小野 善生

A Contrastive Study on Past Tense Forms in Trans-New Guinea
Languages Spoken in Madang Province, Papua New Guinea

Masahiko Nose

『草創期メルボルンの年代記(1835-1852)』にみるハーリング

榎本 雅之

Involuntary Unemployment versus "Involuntary Employment" J.M. Keynes and Beyond

Yasuhiro Sakai

加賀の名門“横山財閥”の企業統治能力
横山章・俊二郎兄弟の地元私鉄関与を中心に

小川  功

全体主義と民主主義
ジョン・デューイとソ連(3・完)

小西 中和

中央銀行の本質を再考する
中央銀行の公共性、銀行性、独立性および一般原則

小栗 誠治

<資料紹介>
国立療養所大島青松園史跡めぐりと史料(2)

阿部 安成

<リレー・エッセイ「私の教育実践」>
私の教育実践

弘中 史子

新刊紹介

学内研究消息  
2017年度滋賀大学博士学位授与者一覧  
2017年度経済学部夏季休暇学生懸賞論文の結果発表  
 
彦根論叢 第416号(2018年5月・夏号) (2018年5月31日)
  論文名
  著者名

<研究ノート>
展示の刹
ハンセン病をめぐる国立療養所園内施設の現在

阿部 安成

<研究ノート>
現代詩研究におけるナショナリティ「枠」についての考察

菊地 利奈

<研究ノート>
文献解題 Accounting Judgements on Terms of Likelihood in IFRS:
Korea and Australia
(KASB Research Report No. 39/AASB Research Report No. 2)

赤塚 尚之

<資料紹介>
国立療養所大島青松園史跡めぐりと史料(1)

阿部 安成

立憲主義「危機」の時代に
自己の憲法研究をふりかえって

武永   淳