トップページ → 彦根論叢 オンラインジャーナル
 
 Online Journal 

『彦根論叢』電子版  (412号〜415号)
       
彦根論叢 第415号(2018年2月・春号) (2018年2月28日)
  論文名
  著者名

特集「現代公共政策の課題―北村裕明教授の退職を記念して―」
の刊行にあたって

小倉 明浩

多国籍企業課税と海外子会社利潤
「領土内所得課税」方式への移行に関する日米比較研究

諸富  徹

スウェーデンにおける勤労所得税額控除のワーキングプア対策としての可能性

松田 有加

公共事業における租税特別措置法の役割(その1)
土地収用法の形骸化と事前協議

増山 裕一

沖縄振興一括交付金の構造

川瀬 光義

ドイツにおける自治体雇用公社と中間的労働市場

武田 公子

ポートランド市の「近隣の参加」をめぐる論点

宗野 隆俊

農業の成長産業化への反転のシナリオ
滋賀県をケースに

石井 良一

地域人材はどこから生まれてくるのか
滋賀県の事例を中心に

中野  桂

現代公共政策の担い手を描写するための新たな人間行動モデルについて

吉川 英治

公共政策の課題から財政学は何を学ぶか?
財政民主主義・熟議・市民協働のゆくえ

只友 景士

日系中小企業のベトナムでの事業展開
雇用制度と技能修得

山田 和代/
弘中 史子

A Risk Economic Approach to Nuclear Power Generation
Are We Really“Strong in the Rain”?

Yasuhiro Sakai

不在地主による遠隔地山林開発と森林鉄道
東津軽群平内町の共栄土地専用軌道を中心に

小川  功

<リレー・エッセイ「私の教育実践」>
人生問答、経営問答

近藤 豊将

新刊紹介

学内研究消息  

北村裕明教授 略歴と業績

彦根論叢 第412号〜第415号総目次(平成29年度)

 

彦根論叢 第414号(2017年冬号) (2017年12月28日)
  論文名
  著者名

徳冨蘆花の小品「雑木林」に登場する樹木について(2)

金子 孝吉

美術館・博物館(ミュージアム)における顧客との関係性構築と
戦略・行動に関する試論

清宮 政宏

シンガポールにおける1958年までの団地内外の住居をめぐる
せめぎ合いに関する社会学研究

鍋倉 聰

授業評価アンケートについての一考察
出席率と満足度

谷上 亜紀

吾妻牧場と吾妻軌道
長野原の「上の段」と「下の段」を支えた二つの″馬″企業

小川 功

レオン・トロツキーの擁護と批判
ジョン・デューイとソ連(2)

小西 中和

中央銀行の債務構造と財務の健全性
銀行券、準備預金および自己資本

小栗 誠治

<研究ノート>条件付転換社債(CoCo債)の分類に関する
IFRS解釈委員会の検討について

赤塚 尚之

<書評>
Beatriz Penas‐Ibáñez & Akiko Manabe(eds.),
Cultural Hybrids of (Post) Modernism
Japanese and Western Literature, Art and Philosophy

Peter Lang 2016

菊地 利奈

<書評>
マリー=フランス・イルゴイエンヌ 著、大和田敢太 訳
『モラル・ハラスメント―職場におけるみえない暴力』
白水社【文庫クセジュ】 2017

能登 真規子

<書評>
田中正明 著『新版 パール判事の日本無罪論』
小学館新書 2017

越後 和典
<リレー・エッセイ「私の教育実践」>
滋賀大学経済学部の中国語教育におけるSAの活用事例
フランス語教育におけるSAの活用事例
(非公開)
鍋倉  聰
藤岡 俊博

新刊紹介

学内研究消息  
  編集後記
  著者名

『彦根論叢』の言葉

阿部 安成
彦根論叢 第413号(2017年秋号) (2017年9月29日)
  論文名
  著者名

A Contrastive Study of Future Tenses in the Languages of Papua New Guinea

Masahiko Nose

倒産企業分析からみた企業成長の要件

増山 裕一

Frank H. Knight on Market Thinking
Reflections on the Logic and Ethics of the Capitalist Economy

Yasuhiro Sakai

ジョン・デューイとソ連(1)
「ソヴィエト・ロシア印象記」(1928)

小西 中和

<書評>
増山裕一 著『災害税制の研究
―米国災害税制を含めて東日本大震災までを振り返る』
実務出版 2016

渡辺 智之

<書評>
青柳周一ほか 編著『江戸時代近江の商いと暮らし
湖国の歴史資料を読む』
おうみ学術出版会/サンライズ出版(発売) 2016

水本 邦彦

<書評>
小野善生 著『フォロワーが語るリーダーシップ:
認められるリーダーの研究』
有斐閣 2016

服部 泰宏

<リレー・エッセイ「私の教育実践」>
現代経済学の基礎科目の学習意義

佐野 洋史

新刊紹介

学内研究消息  
2016年度滋賀大学博士学位授与者一覧  
2016年度夏季休暇学生懸賞論文の結果発表  
 
彦根論叢 第412号(2017年6月・夏号) (2017年6月30日)
  論文名
  著者名

中小企業の海外生産と人材・組織力
先行研究の整理と今後の課題

弘中 史子
寺澤 朝子

新技術受容としてのスマートフォンの購買決定に関する一考察
日本と中国の大学生への小調査からみえるもの

清宮 政宏
徐    明

市民的関与とはなにか

宗野 隆俊

運動知覚の認知的侵入可能性

西村 正秀

<資料紹介>
滋賀大学図書館所蔵Léon SayからAlfred de Fovilleへの書簡(1883)

御崎 加代子

<リレー・エッセイ「私の教育実践」>
SA/TAを活用した簿記会計教育の回顧と展望

赤塚 尚之

新刊紹介

学内研究消息