トップページ → 彦根論叢 オンラインジャーナル
 
 Online Journal 

『彦根論叢』電子版  (388号〜391号)
       

彦根論叢 第391号(2012年春号) (2012年3月30日)
  論文名
  著者名
学生スポーツのあり方
(非公開)
溝畑 寛治

幼児期の立位姿勢における静的平衡性について
重心動揺・運動発達・足底面の関連性

新宅 幸憲

自発性立位姿勢動揺のフラクタル性に関する考察
自己相関のクロスオーバーと遅れフィードバック制御について

藤永  博
高年男性における身体活動量と体力の関係について
(非公開)
宮本  孝

滋賀大学経済学部における正課体育の歴史的変遷

道上 静香

P2Pビデオ配送機構の開発とその評価

森  將豪
商品による消費者の自己拡張
(非公開)
神山  進

証券ブローカー業の起源

二上 季代司

ジョン・デューイの日本論

小西 中和

商人的機構の「原型」
中世ヨーロッパの為替契約と商人銀行家

田中 英明

営業行動の選択とその有効性に関する一考察
提案型営業と適応型営業から垣間見える動態性分析のための新視点

清宮 政宏
甲斐国造の系譜に関する一考察(非公開) 鈴木 正信   

<書評>
福田敏浩著『第三の道の経済思想』
晃洋書房 2011

酒井 泰弘

<書評>
松元宏編『近江日野商人の研究―山中兵右衞門家の経営と事業―』
日本経済評論社 2010

鈴木 敦子

三神憲一教授 略歴と業績

 

彦根論叢 第388号〜第391号総目次(平成23年度)

 

彦根論叢 第390号(2011年冬号) (2011年12月28日)
  論文名
  著者名
マンデル=フレミング・モデルにおける長期均衡の安定性と
その政策命題について
(非公開)
藤原 秀夫

わが国のコモディティ投資信託とETF
新しいコモディティ投資ビークルの現状と課題

家森 信善

GMの経営破綻に関して

大村 和夫

企業ブランド力の評価

津田 博史

リゾート開発に狂奔した“投資銀行”のリスク増幅的行動
平松銀行頭取平松甚四郎のリスク選好を中心に

小川  功

原発のリスク経済分析
「安全神話」から「想定外の事象」まで

酒井 泰弘

政府紙幣の本質について
中央銀行券との比較を中心に

小栗 誠治

証券業の経済的機能とその変化

二上季代司
ポストケインズ派金融不安定性分析の射程と可能性
(非公開)
二宮健史郎

DEAを用いた日本市場における国内生保、
外資系生保の効率性比較

Liu lu
久保 英也   

高度成長期以降の環境変容を踏まえた「官から民へ」の実効化戦略序説

楠田 浩二
金融高頻度データを使った共分散推定量のサブサンプリング法による改善
(非公開)
金谷 太郎

関西における地域銀行について

鈴木 康晴

経済体制研究40年

福田 敏浩

「学び直し塾」での実践を通じた地域公共人材育成プログラムに関する考察

山崎 一眞
日本古代氏族系譜の分析視角(非公開) 鈴木 正信

<書評>
二上季代司・代田純編著『証券市場論』
有斐閣ブックス 2011

小林 和子

<書評>
佐和隆光著『グリーン資本主義:グローバル「危機」克服の条件』
岩波書店 2009

和田 佳之
有馬敏則教授 略歴と業績
(非公開)
 

         
彦根論叢 第389号(2011年秋号) (2010年9月30日)
  論文名
  著者名

日本経済の浮沈と東アジアの発展
1970年代:国際化の始まりと東アジアの台頭

小田野純丸

県営彦根製糸場の誕生
富岡製糸場との関連を中心に

筒井 正夫
『紀伊国造次第』の成立とその背景(非公開) 鈴木 正信

<講演録>
【経済学部講演会】
地震を越える 日本の自信
巨大地震の中に発想の転換と新鮮な政策を打ち出せ

岩國 哲人

<特別寄稿>
自分の天職をつかめ
五年間の就職支援を振り返って

川ア 昊
学内研究消息  
平成22年度滋賀大学博士学位授与者一覧
平成22年度夏季休暇学生懸賞論文の結果発表
彦根論叢 第388号(2011年夏号) (2010年6月30日)
  論文名
  著者名

公正取引委員会と消費者利益の確保
改正前の景品表示法上のスタンディングを手がかりに

内田 耕作

相同性
「オタク文化」の場合

出原 健一

<講演録>
これからの経済学

佐和 隆光

<判例評釈>
公序良俗規範、身元保証法による被用者の損害賠償債務の
連帯保証に対する司法的規制
福岡高判平成18・11・9判時1981号32頁、判タ1255号255頁

能登 真規子

<書評>
久保英也著『保険の独立性と資本市場との融合』
千倉書房 2009

尾 厚
学内研究消息  

平成21年度修士論文要旨(グローバル・ファイナンス専攻)