トップページ → 彦根論叢 オンラインジャーナル
 

 Online Journal 

『彦根論叢』電子版  (336号〜341号)


       
彦根論叢 第340・341号 (2003年3月20日)
  論文名
  著者名
松嶋 敦茂
社会的妥当性と独占禁止法(その5) −私見の展開(下)− 内田 耕作
労働者代表の選出をめぐる問題(5)
  −選任方法・基準の公平性・客観性・公開性
大和田 敢太
ワイマール末期における貯蓄銀行組織の流動性危機と信用構造 三ツ石 郁夫
An Interpretation of Voting as a Collective Action
  −When Are Public Policies Socially Justified?
Yoshiyuki Wada
1990年代の行政改革と政治主導
  −反利益集団的要素と自律的個人像(3)
宗野 隆俊
業績報告の展開と利益のリサイクル 山田 康裕
インサイダー取引における「開示または断念」の原則について
  −アメリカ法を参考として−
上田 真二
<資料紹介>
滋賀大学経済経営研究所調査資料室報(4)
 
学内研究消息  
平成14年度 夏季休暇学生懸賞論文の結果発表  
彦根論叢 第339号 (2002年12月25日)
  論文名
  著者名
福田 敏浩
WordsworthとColeridgeの湖水地方での出会い(1799)
  −二人のSaraをめぐって−
原田 俊孝
労働者代表の選出をめぐる問題(4)
  −選任方法・基準の公平性・客観性・公開性
大和田 敢太
快楽消費の特徴と問題
  −性の消費行動を念頭に置いて−
神山  進
レーガン税制改革と州・地方債(3) 秋山 義則
リスク,環境および社会
  −新しい経済科学を求めて−
酒井 泰弘
起業家支援のための産学連携Web相談システムの研究 谷口 伸一
1990年代の行政改革と政治主導
  −反利益集団的要素と自律的個人像(2)
宗野 隆俊
世界に冠たるデュポン経営 森  俊治
<研究ノート>
銀行の流動性需要に関する一考察
丸茂 俊彦
<書評>
太田肇著『ベンチャー企業の「仕事」:脱日本的雇用の理想と現実』
(中央公論新社,2001年)
濱田 康行
<資料紹介>
滋賀大学経済経営研究所調査資料室報(3)
 


彦根論叢 第338号 (2002年10月31日)
  論文名
  著者名
大和田 敢太
レーガン税制改革と州・地方債(2) 秋山 義則
1990年代の行政改革と政治主導
  −反利益集団的要素と自律的個人像(1)
宗野 隆俊
小森桃塢・藤林普山略伝
  −京都の蘭学(2)−
松尾 博
<資料紹介>
滋賀大学経済経営研究所調査資料室報(2)
 
平成 13年度修士論文要旨(経営学専攻)  
学内研究消息  


彦根論叢 第337号(2002年8月31日)
  論文名
  著者名
福田 敏浩
貨幣の帯びる象徴性をめぐって 梅澤 直樹
労働者代表の選出をめぐる問題(2)
  −選任方法・基準の公平性・客観性・公開性
大和田 敢太
レーガン税制改革と州・地方債(1) 秋山 義則
ドイツ法における報告義務と顛末報告義務( 4・完)
  −他人の事務を処理する者の事後的情報提供義務の手がかりを求めて−
岩藤 美智子
小石元俊・元瑞略伝
  −京都の蘭学(1)− (非公開)
松尾  博
<書評>
小川功著『企業破綻と金融破たん・負の連鎖とリスク増幅のメカニズム』
(九州大学出版会、平成14年)(非公開)
柴  孝夫
<資料紹介>
滋賀大学経済経営研究所調査資料室報@
  −沿革小史−
 


彦根論叢 第336号 (2002年6月)
  論文名
  著者名
大和田 敢太
久保田 秀樹
阿部 安成
大川 良文
山田 康裕


戻る
  
 
CopyRight(C)滋賀大学経済経営研究所 All rights reserved.


〒 522-8522
滋賀県彦根市馬場1-1-1
TEL : 0749-27-1047
FAX : 0749-27-1397
E-mail: ebr@biwako.shiga-u.ac.jp